本文へスキップ

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-5272-7719

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-7新東ビル6F

筋・筋膜療法 新宿区高田馬場 悠々亭治療室

ようこそ、悠々亭治療室のホームページへ。
当治療院は、鍼・お灸を用いながら、筋・筋膜にアプローチする治療院です。

特に子供が野球をしていることで、肩・肘の症例には力をいれております。
先日、私が今までの臨床経験から考え出した、投球障害予防のためのストレッチ、肩後方ストレッッチ日本肩関節学会で、松戸整形外科の先生方のご尽力により、発表することができました。
子供たちが、ケガで苦しまないために、臨床経験から考え出された新しい理論のストッレチ方法です。
是非、ブログをご覧ください。

                ブログ  http://yuyutei-baba.blue/blog/

inform

  • SIME×〜シーメックス スポーツ革新的ものづくり企業合同展示会&交流会〜で出展してきました。                                     東京駅 丸の内ビルディング 15Fで、6月5日・6日と行われました。               今まで、たくさんの方々にご協力頂きましたおかげで、とうとう、当治療院の竹村が開発しました      新しいコンプレッションシャツ Doragon 礼 をご紹介させて頂くことができました。       ありがとうございました。                                    おかげさまで、好感触の感想を多数頂き、販売していく予定です。                  今後ともよろしくおねがいいたします。                             気になる方は、ぜひ、当医院までご連絡ください。                    
  • 第43回日本肩関節学会で発表してきました。                     1 0月21日、22日に広島で開催された学会で肩後方ストッレチを発表しました。
    松戸整形外科の先生方のご尽力のおかげで、発表することができ、本当にありがとうございました。
    たくさんの方々の御清聴に感謝いたします。子供たちが、投球障害にならないよう予防のストレッチを 考案いたしました。
  • 野田市でデーター収集してきました
    野球少年小学生500人集まり、そのうちピッチャーの約100人データーを
    撮らせてもらいました。
  • 肩サポーター製作に向け、データー収集してきました 

    1月19日(日) 第2回冬季フィジカルチェックに参加してきました。
    この催しは高校球児 の肩・肘痛発症予測システムのデータ採取とケガを予防するためには

    どうすればよいのかをレクチャーして行く事を目的としていますが今回、松戸整形外科クリニック亀山先生のはからいにより、私独自の理論を証明すべく測定装置を製作し、
    データーを撮らせていただきました
    寒い中高校生のみなさん156人、他スタッフのみなさんに協力していただき、感謝です。  
    1.かねてから肩・肘痛の最初には「肩の内旋角度が関係していると考えていました。
      今回検査項目を増やして頂き、内旋角を測定してもらいました。
    2. 手のVスリーポーズをし、真上向きと外旋した向き2つのポーズでのデーターを撮らせて
     もらいました。
     今後、この2つのデーターをもとに整理、解析していきます。  
     詳細につきましては、ぜひ、ブログをご覧ください。

ナビゲーション

悠々亭治療室

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-14-7
新東ビル6F
TEL 03-5272-7719
FAX 03-5272-7719

スマートフォン版